クレジットカードの審査について


当たり前のことですが、クレジットカードを所有するためには審査に通らなければなりません。カード会社に申し込みをして審査を受けるわけですが、もしも通らなければカードを持つことはできないのです。 それでは、カード会社は何を基準にして審査をしているのでしょうか。申し込みに対して、どんな評価をしているのでしょうか。それはもちろん、カード会社それぞれに微妙な違いがあって、全ての会社が全く同じ観点で同じ審査をしているわけではありません。しかし、どんなクレジットカード会社であろうとも、以下の三点だけは重視していることは間違いありません。 第一は、申込者には安定した収入があるのか、という点です。きちんと働いていて定収がある人であれば、カード会社も安心できます。逆に無職で無収入であれば、信用度は低くなります。第二は、申込者の返済能力です。お金を貸しても返済できないような人ならば、最初から誰も貸してはくれないということです。そして第三は、申込者の住居場所は明確なのかという点です。もしも住所不定の人であれば、お金を貸しても夜逃げされてしまう恐れがあります。そのため、住所なども要チェックポイントなのです。 カード会社の審査では、この三つの要素は必ず重視しています。そしてかなり細かくチェックして、スコアリングによるランク付けをするのです。それによって合否を判断しているのです。そのために、申込者の年齢、勤続年数、職種、勤務先、年収、居住年数、住居形態、家族構成などの属性もチェックします。 さらには個人信用情報センターを活用して、申込者のことを客観的に調べます。これは申込者の自己申告の内容よりも重視されます。もしも申込内容とセンターの情報が矛盾するような場合は、申込者は信用を失うことにもなりかねません。申込に際しては、ウソは絶対にいけません。

admin