還元率の高いクレジットカード

“クレジットカードは、キャッシングやショッピングの利用金額に応じて一部が還元されるシステムを採用している傾向にあり、年会費やキャンペーン以外にも カード選びの際に注目しておくべき要素と言えます。 これらは一般的に還元率と呼ばれている要素であり、多くの場合はカードの専用ポイントや提携企業のマイルもしくは電子マネーなどの形として利用者へ還元さ れる仕組みとなっています。 還元率が1%を超える高還元なクレジットカードは非常に少なく、特定の利用条件をクリアする事で割合が変動するシステムを取り入れている企業も存在しま す。 基本的には利用する金額が高額になるほど還元される分も増加する為、クレジットカードを駆使している人ほど恩恵を受けやすいシステムでもあります。 しかし、還元率が極端に高いクレジットカードは蓄積されるポイントの利用先が限られるパターンに注意しておく必要があり、特に航空会社のマイルなどが代表 的な事例となります。 また、キャンペーン期間のみの限定された高還元率設定や、貯めたポイントを景品と交換できるクレジットカードも含めて考慮する場合は、単純な還元率の比較 だけで損得を決める事が難しいのも現状です。 クレジットカードの用途によっても異なりますが、年会費やリボ払いの利息額が高額となる状況ではいくら還元率が高くても節約に繋がらない可能性が考えら れ、カード自体の総合的な性能を比較した上で判断する事が大切となります。”